2019年03月03日

郁子編  召命

郁子
郁子は、大きな転機の時にあった。困難な時、郁子の頭の中にはいつも、卒業した高校の校歌が響く。

  何来嶋の 渦潮ぞ      わが航く泊り 遠ければ
        理想に進む 若き子を    星よ北斗よ  しるべせよ
    (県立今治北高等学校 校歌より)

2012年4月、郁子は京都府綾部市を目指して山道を車で走っていた。隣には長男の北斗。ダウン症であり、聴覚障がいを併せ持つ北斗を、日本でも一、二の歴史と実績を誇る施設に預けに行くのである。北斗はまだこのことを知らない。というか、理解させる手立てがないのである。27年間、そばで慈しみ育てた北斗。郁子は、仲間の障がい児の親たちと創設した福祉作業所を、前年に他の作業所に吸収合併させる形で手放している。なぜ、今また北斗を遠い京都の地に預けようとしているのか。「召命」のためである。郁子は53歳にして再び神学校に入学しようとしているのだ。再び?なぜ再びなのか?実は30年も前に、郁子はいちど神学校に入学して牧師になろうとしたことがある。そのときの経緯は別の章で述べるとして、いったん郁子を選んだ天の父は、30年の間、郁子の準備が整うまで、じっと待っておられたのである。いや、準備などまだまだ整っていない。北斗の3人の弟達はそれぞれに自立したが、万年青年のような、純粋すぎる夫に北斗を預けていくわけにはいかない。30年の間に、両親も年を取って、長女である郁子をひどく頼りにするようになった。自分自身、神学校の厳しい授業についていけるだろうか、、、準備などまだ何一つ整ってはいない。しかし、そこに召命がある限り、従うほか、道はないことを郁子は自覚していた。
そのために、北斗を実績があるとはいえ、京都の不便な山奥にある施設に預けに行くのである。長い旅を無事に終え、十分な打ち合わせをして、後ろ髪をひかれる思いで、北斗に気づかれないように施設を後にした。もうすぐ四国の玄関口、しまなみ海道に着こうとするころ、携帯電話が鳴った。施設からである。聞くと、母がいないことに気づいた北斗が施設を飛び出し、フェンスをよじ登り、道路に転落したが、けがは大したことはないとのこと。郁子は心臓が止まりそうだった。深い疲れを覚え、車を停車させ、力が抜けた途端、今まで我慢していた嗚咽がせきを切ったようにこみ上げてきた。北斗を施設に送る計画を立て始めてから初めて号泣した。今すぐにでも引き返し、北斗を連れて愛媛に帰りたかった。しかし、郁子はそうしなかった。神学校入学への道はすでに開かれ、その険しい道をたった一人で進んでいかなければならない運命を郁子は受け入れたのである。           

人の心には多くの計画がある、しかしただ主の、み旨だけが堅く立つ。
People may plan all kinds of things, but the Lord’s will is going to be done.
              箴言 19章21節





posted by teacozy at 14:11| Comment(0) | 日記

2019年02月27日

伊敷郁美牧師のメッセージ  むしろ御霊に満たされて、、、

2019年 2月16日 玉川チャペル メッセージより

最近の新聞で五輪スキージャンプで4個の金メダルを取ったニッカネン(フィンランド)という方が55歳で亡くなったことを知った。死因は不明。現役引退後は飲酒の問題に悩まされていたそうだ。ずば抜けた才能をもちながらも酒がもとで傷害事件、結婚離婚の繰り返しであったことが書かれてあった。
秀でた才能を与えられた人たちが飲酒によって身を持ち崩すことは古今東西、よく聞く。才能を託されたものゆえの闘い、葛藤、不安、挫折は並々ならぬものがあったはず。しかしそれを与えた方がいる、その人をお創りになり、世に送り出した方がいる。父である神。
父である神との関係が遮断されたままの人生は、才能あればある程、悩み・不安・恐れが多い。喜びはつかの間。もし父なる神との関係が回復されていれば喜び、感謝、讃美は測り知れない。才能あるなしにかかわらず、自分を創ってくださった父なる神のもとに立ち返ることができた時、人は本当の平安、喜び、感謝が与えられる。その架け橋となってくださった方がイエス・キリスト。イエスを通して人はだれでも父のもとに帰ることができる。イエスは今目で見ることも、耳で聞くこともできないが、「イエスの霊」「聖霊」が与えられている。心開いて受け入れるならだれでもその「霊」を受け取ることができる。
2016年リオデジャネイロオリンピックでブラジルサッカーチームが初優勝した。ワールドカップでは何度も優勝しながらオリンピックでは優勝できなかった。その時活躍したネイマール選手が5輪の表彰式で「100%JESUS」のハチマキを着けた。すべての栄光は神のもの、神から受けたもの。栄光を神に還した。

酒によってはいけない。それは乱行のもとである。むしろみたまに満たされて、、
And be not drunken with wine wherein is riot, but be filled with the Spirit

そしてすべてのことにつき、いつも私たちの主イエスキリストの御名によって、父なる神に感謝し、
Giving thanks always for all things in the name of our Lord Jesus Christ to God, even the Father,

エペソ人への手紙 5章 18節、20節
posted by teacozy at 07:07| Comment(0) | 日記

2019年02月24日

真澄編 初穂

真澄
 2019年1月13日、平成最後の年の静かな日曜日、いつものごとく薫と郁子の2人だけの礼拝の終わりに、郁子は言った。「今日は真澄の誕生日だから、彼女を覚えて特に祈りを捧げましょう。」その年は、3人にとって特別なお正月だった。還暦を迎えたクラスメート達が集まり、鈍川温泉の旅館で盛大なクラス会を行ったのだ。還暦を特別な区切りと考えることは誰しも同じで、今年は3年前よりも多くの級友が各地から馳せ参じ、旧交を温めあった。真澄も年末から帰省し、10日ほど前に現住所である名古屋に戻っていた。ケアマネージャーとして多忙な毎日を送る真澄を想う郁子の祈りを聞きながら、薫は3人の出会いから60歳の今日までを思い起こしていた。
 小学校ですでに親友となっていた薫と郁子が真澄に出会ったのは中学校の入学の時であった。同じ1年1組となり、偶然同じソフトボール部に入部した。3人はなぜかウマが合い、すぐに親しくなった。しかし、とかく3人組は、ましてや女子の3人組は何かが起こらない方がおかしいだろう。それから高校を卒業して大学進学のために今治を離れるまで、3人は幼く、傷つきやすくも強固な友情を育んでいくのである。
 真澄の出生時にまでさかのぼろう。真澄は母カツの3番目の赤ん坊としてこの世に生を受ける。晩婚であったカツは、しかし、長男を産んだ後、不幸にして第二子の長女を出産直後に亡くした。高齢にもかかわらず命を賭して産んだ待望の女の子を失ったカツの悲しみ、悔しさはいかばかりであったろう。だからカツは、真澄と名付けられる三番目の赤ん坊の元気な産声を聞いたとき、涙がほとばしるのを抑えきれなかった。
 手塩にかけて育てられた真澄はとりわけ素直で健康で、子育ての苦労がすべて報われるかのような少女に成長した。失った姉の分まで両親に子育ての喜びを与えてくれるかのようだった。感受性が強く、努力家で、誠実な人柄は誰からも信頼され、愛された。困っている人を助けることに無上の喜びを感じるような少女だった彼女が、大学進学に際し、福祉大学を選んだことは、当然の帰結だった。
 大学に入って、真澄は恋をする。相手は同級生ではあるが、何歳か年上の、思慮深く、美しい青年だった。その青年が、クリスチャン一家で育った生まれながらのクリスチャンだったのである。真澄は、恋と信仰を得て、ためらうことなく洗礼を受ける。今まさに真澄の前に信仰生活への扉は開かれていた。扉は誰にでも開かれているが、それを見ようとしない人々がほとんどである。真澄にとって、恋はきっかけに過ぎなかった。わずかに開いた扉から漏れる一条の光に過ぎなかった。真澄は、その光を心底求めた。真澄の18年間は、扉の向こうの世界に気づく信仰の素地を培っていた年月だったともいえる。まさに彼女は3人のうちの初穂だったのである。

恵まれた女よ、おめでとう、主があなたと共におられます。
Greetings, favored woman! The Lord is with you!
          ルカによる福音書 1章28節
 



posted by teacozy at 08:30| Comment(0) | 日記